クラウド同上

忙しい人のための 【Google Cloud Next ’19 in Tokyo サマリー:組織変革をもたらすプラットフォームの力|Slack API でつながるクラウドサービスとチーム】

Author
Oda
Lv:7 Exp:737

たまに参上します。

7/31 – 8/1で行われた Google Cloud Next ’19 in Tokyo。
YouTube で動画も続々とアップロードされていますが、2時間も見てる時間がない…要約だけ知りたい…
という方向けのセッションサマリーとなります。

ブレイクアウト セッション – 40 分 • D1-2-S06
組織変革をもたらすプラットフォームの力|Slack API でつながるクラウドサービスとチーム

Slack Technologies プラットフォーム・戦略パートナーシップ担当ディレクター:ジャシム ラティフ

YouTubeはこちら

プラットフォーム改革

  1. アラインメント:チーム全体が目標に取り組める
  2. 生産性向上
  3. コスト削減
  • ソフトウェアで仕事の幅・スピードが向上
    • 1人1人が専門的なツールを活用
    • きめ細やかな仕事に時間を避けるように

Challenge is Alignment.
doesn’t matter how much energy you put in , if misaligned, it does not move.
– どんなにエネルギーを費やしても、うまく足並みが揃ってなければ、上手く動かない。

Slack

  1. 1000万人のアクティブユーザー
  2. 半分はUS以外
  3. Slack 接続時間9時間以上
  4. 90分以上利用

Slackの新しい働き方

  1. Finance, Accountant, network engineering, marketing,,,,,everything all on slack.
  2. 社内でSlackがメールに置き換わる?
  3. There are lots of important documents, etc…but you have to start from an empty emailbox
  4. With slack, we have channels where all the histories are visible.
  5. if there are new people, we can start video calls, you can take advantage of conversations that are already taking place.
  6. it is simple but profound change.
  7. Team first: transparent channel.

How slack can help you?

  1. チャンネル+共有チャンネル、例:Fastly
  2. 使いやすい検索:
    1. search features, you can just search for the information right people, right information, right documents.
  3. エンタープライズスケール:
    1. 65社
  4. Slackがスケーラビリティに富んだ開発をします。
  5. Slack Platform is what brings everything together
    1. 1000以上のクラウドサービスと繋がる
    2. 国内でも急成長するエコシステム

90%以上 Slackで作業効率アップ

  1. Concurでの経費承認可能
  2. freee会計+Slack
  3. 申請の状況の確認承認却下を実行
  4. Navitime for Slack:抜群の操作感
  5. カオナビ:重要な情報を周知
    などなど…

1500以上のアプリがあり、Slackで45万以上のサードパーティアプリ使用可能
合計で50万人以上の開発者

  • グローバルな開発者コミュニティをサポート
    • 企業やチームごとに異なるワークフロー
    • カスタムアプリ
    • ワークフロービルダー
    • no code, visual tool, anyone can build the workflow.

株式会社メルカリ CIO:長谷川 秀樹

「Slackに住んでいる」
CIO Mission:世界一働きやすいIT環境を整備する

Q:G SuiteもあるのにSlack使うのめんどくない?
A:Slackはメールの代わりではない。Slackは会議室の代わりです。
物理的な会議室ではなく、デジタル空間(Slack)で仕事をしていく。

  • メルカリは「圧倒的な」Slack 文化
    • ほぼPublicチャンネル
    • 誰もが見えるチャンネルで、誰でも入れる。
    • いつでも見に来てね!というプロジェクトスタイルが重要
    • Privateチャンネルは検索にでてこない
  • BOTも色々つくりました
    • 「〇〇くれ」
    • 「いでよ〇〇」
    • …とかで、欲しい情報が来るようになっている。各エンジニアが面白く作っている。
  • ピアボーナス(mertip)、Unipos、やってます
    • KPI BOT
    • メディアBOT
    • AI社員
    • Google の Dialogflowで、入って来たすぐの子が一生懸命つくりました。
    • 社内のことならなんでも答えられる感じになっています。

Slackのある働き方

  • オンラインの世界に住んでいる(時々オフラインに顔を出す)
  • 並列にオンラインでプロジェクトを進める VS 直列にオフラインに進める
  • メルカリは基本オンライン
  • Slackだと、会議室が複数可視化されており、会議室に出入り可能である。
  • オンラインだと人間関係が作れない??
  • 1on1は週1やります (仕事の話じゃない)VS  飲み会
  • =オフラインがあるから、オンラインが作れる。
  • 紙を印刷するという発想がない
  • オンラインだからもともと紙がない
  • 議事録は回覧・修正しない、会議終了時に完了している。後日メールで回覧すると1週間ほどかかる

  • フラット組織と階層型組織

    • 管理職はただの役割(偉いわけではない)
    • 圧倒的な生産性の違い
    • 基本は、オンラインの世界で複数並列に仕事をする
    • Slackはチャットではなく、オンラインプロジェクトツール
    • Slackがパーソナルアシスタントになる(Slackでバックオフィス業務がおわる)、Slack for Enterprise System
  • 通知だけじゃなく
    • ファーストタッチがSlackアシスタントから来るように業務設計(例:コーポレートカード)
    • タイミング(例:月曜の朝)勤怠なら、打刻フリーにする。
    • 言い方(例:管理 or 監視?)
次の記事を読み込んでいます
次の記事を読み込んでいます