クラウド道場

【小ネタ】Google API を利用しようとして同意画面で警告が出た場合

Author
qushot
Lv:14 Exp:62832

映画好きエンジニア。
GAEとかGKEやってます!Goが好きです!

Google API を使おうとしたら…

みなさまはアプリケーション内で Google API を利用したことはございますか?
Google API を利用するためには主に以下の2種類の認証のどちらかを行うかと思います。
1. OAuth 2.0 を利用する
2. API Key を利用する

「1. OAuth 2.0 を利用する」の方法では、ユーザに対して Google 確認済みの同意画面を表示する必要があります。
筆者は先日、YouTube Data API v3を利用するアプリケーションを作成しました。
もちろん OAuth 同意画面の Google 確認は通過済みだったわけですが、アプリケーションの動作確認中、なぜか「このアプリは確認されていません」という警告画面が表示されてしまいました。

警告画面

原因は…

OAuth 同意画面の「Google API のスコープ」にはauth/youtubeを追加していたのですが、アプリケーション内でAPIクライアントを作成する際にauth/youtube.uploadなどのauth/youtube以外のスコープを渡していたことが原因でした。

解決策

この場合は状況に応じて2種類の解決策が考えられます。

  1. アプリケーションでAPIクライアントを作成する際に不要なスコープを渡していた場合は、コードから該当するスコープの記述を削除する。
  2. OAuth 同意画面で設定するスコープが不足している場合は、必要なスコープを追加して再度 Google 確認を申請する。

筆者の場合は 1 の状況だったため即座に解決できましたが、 2 の状況だった場合は Google 確認が通過するまで数日待つ必要があります。

まとめ

みなさまも Google API を利用する際にはお気をつけください!

弊社クラウドエース株式会社は Google Cloud のプレミアパートナーとして、Google Cloud Platform 利用にあたっての支払代行サービスや技術サポート・構築・開発・トレーニングなど Google Cloud に関するサービスを幅広く提供しております。ご相談ございましたらお気軽にお問い合わせください!

次の記事を読み込んでいます
次の記事を読み込んでいます