*

検証! 東京リージョンが来てGCSはここまで速くなった!?気になる値段は?

公開日: : 投稿者: Cloud Storage

2016年11月8日(火)、とうとうGCPに東京リージョンが来ました。

URL: https://cloud.google.com/about/locations/japan/?hl=ja

GCPの様々なサービスに東京リージョンが加わり、これから日本でGCPが盛り上がっていくことは必至です!
※東京リージョンが追加されたサービスの一覧は下記の記事から確認ができます。

GCPで東京リージョンにて使えるサービス&使えないサービス一覧
http://www.apps-gcp.com/gcp-tokyo-region-service/

さて、今回はGCPのストレージサービス「Google Cloud Storage」(以後「GCS」)にも東京リージョン(asia-northeast1)が加わったことを記念して、現在利用できる全リージョンに対して、アップロードとダウンロードの速度比較を行なってみたいと思います。

速度比較方法

速度の比較方法ですが、AWSのEC2インスタンスを東京リージョンで立て、そこから約1GBのダミーファイルをgsutilのcpコマンドで各リージョンのバケットにアップロードとダウンロードを3回行い、その処理時間の平均を比較したいと思います。
予想では、東京リージョンのバケットへの処理が一番速くなると思うのですが、どうなるか楽しみですね。

今回使用したコマンド例)

  • [ダミーファイル作成] fallocate -l 1G dummy.iso
  • [アップロード] time gsutil -o GSUtil:parallel_composite_upload_threshold=150M cp <ローカルのファイルのパス> gs://<バケット名>
  • [ダウンロード] time gsutil -o GSUtil:parallel_composite_upload_threshold=150M cp gs://<バケット名>/<ファイル名> ./

※1 今回アップロード/ダウンロードに使用したオプション「GSUtil:parallel_composite_upload_threshold=」はサイズの大きなファイルを並列処理する時に使用するオプションです。
※2 事前にGCPプロジェクトのブラウザコンソールから各リージョンのバケットをストレージクラス「Regional」で作成しておきます。

速度比較結果

アップロード速度比較結果

地域 リージョン アップロード時間(秒)
1回目 2回目 3回目 平均
US us-central1 18.011 17.154 16.554 約17.236
us-east1 19.220 17.748 17.333 約18.100
us-west1 19.402 17.688 17.683 約18.257
EU europe-west1 30.201 27.348 23.633 約27.060
ASIA asia-east1 21.095 15.854 17.490 約18.146
asia-northeast1

(東京リージョン)

15.012 13.923 13.811 約14.248

%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e6%99%82%e9%96%93%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

ダウンロード速度比較結果

地域 リージョン ダウンロード時間(秒)
1回目 2回目 3回目 平均
US us-central1 15.976 16.313 15.988 約16.092
us-east1 16.546 16.518 16.500 約16.521
us-west1 15.729 18.199 16.112 約16.680
EU europe-west1 17.191 17.385 17.146 約17.240
ASIA asia-east1 15.842 16.525 16.052 約16.139
asia-northeast1

(東京リージョン)

15.517 15.270 16.130 約15.639

%e5%b9%b3%e5%9d%87%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e6%99%82%e9%96%93%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

アップロード、ダウンロードともに平均処理時間が一番速かったのは「asia-northeast1(東京リージョン)」でした。
予想通りでしたね。
今回は1GBのファイルをひとつだけしか試しませんでしたが、複数のファイルを一度にアップロードしたりした場合、東京リージョンの真価が発揮されるのではないでしょうか。

GCS東京リージョンの気になる値段

速度の面では東京リージョンの有意性がはっきりと見えましたが、実際に使うとなるとスペックも大事ですが、料金も気になるところです。
それでは、GCS東京リージョンと他のリージョンの値段を見てみましょう。

ストレージクラス asia-northeast1の値段

(東京リージョン)(GB/月)

東京リージョン以外のリージョンの値段(GB/月)
Regional $0.03 $0.02
Nearline $0.016 $0.01
Coldline $0.01 $0.007

全てのストレージクラスで、東京リージョンの値段は東京リージョン以外のリージョンのおよそ1.5倍の値段ですね…他のリージョンと比べてしまうと高価格ですね。

GCS東京リージョンの使いドコロ

他のリージョンより高価格という印象を受ける東京リージョンですが、国内のストレージにデータを保持しないといけない企業様にとってはAWSのS3と比較してみると安価であるため、十分選択肢の一つとして考えていただけるのではないでしょうか?
また、それ以外でもレイテンシが小さいことを最大限に活かして、スライスした画像を次々と表示するビューワーなどにも使えるかと思います。

ちなみに、弊社ではクラウドエース(Cloud Ace)というGCPの導入・運用支援サービスを提供しておりますので、ご興味のある方はこちらまでお問い合わせください。GAEに限らず、あらゆるGCPサービスのサポートが可能です。

関連記事

Cloud Datalabを試してみた

Google CloudDatalabとは Cloud DatalabとはJupyterをベースと

記事を読む

S3からGCSへ簡単にファイル移行する方法

はじめに クラウドという言葉が当たり前になってきている現在、ファイルサーバは自前で持つ時代から、サ

記事を読む

s3qlを使ってみる

自宅のPCをUbuntuに換装したので、s3qlを使ってみようと思います。 s3qlはGoogle

記事を読む

GCP愛を語る

RGCP(GCP好き以外お断り) 技術的な話ばかりの中のAdventCalendarですが、本

記事を読む

東京リージョン内でのGAE・GCS・GCE間の通信はこのくらいだった

11月8日に Google Cloud Platform にて待ちに待った日本リージョンがリ

記事を読む

PAGE TOP ↑