2015/05/27 GCE vs AWS ベンチマーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注意

この記事は 2015年5月27日 に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

2015/05/27 GCE vs AWS ベンチマーク

本シリーズでは定期的にGCEとEC2のベンチマークを取得しております。
今回からMicrosoftが提供するAzureも加えての比較となります。また、それに伴いベンチマークに使用するマシンで利用するディストリビューションをRHELv7.0からUbuntu14.04 LTS へ変更させて頂きます。ご了承ください。

今回の測定結果(05月27日17時頃取得)

GCE AWS Azure
スコア 1870.1点 270.1点 822.5点
課金額 4.0円 11.5円 4.5円

6/17追記:AWSの課金額を間違えて掲載しておりました。8.4円と掲載されておりましたが、正しくは11.5円でした。お詫び訂正申し上げます。

計測にはUnixBenchを使用。 ※課金額は1ドル=120円として計算(課金額の計算方法はこちら)。
今回は大きく差がつきました。ディストリビューションを変更したことやタイミングの影響もあるかもしれませんが、引き続き定期的に計測して確かめていきたいと思います。

過去の測定結果推移

  • 今回からディストリビューションがRHELからUbuntuに変更となっています。
  • 課金額(下記グラフの棒グラフ)が極端に下がっているのも、追加料金が加算されるRHELではなく基本料金のみで利用できるUbuntuに変更した影響です。

※課金額は1ドル=120円として計算。 項目別の詳細な結果はこちら

測定方法概要

  • 測定ツールはUnixBench
  • GCEおよびAWS EC2で下表のVMインスタンスを作成
GCE AWS EC2 Azure
インスタンスタイプ n1-standard-1 m3.medium A1(Standard層)
リージョン asia-east1-a ap-northeast-1 日本(東)
OS Ubuntu14.04 LTS Ubuntu14.04 LTS Ubuntu14.04 LTS

測定方法詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google のクラウドサービスについてもっと詳しく知りたい、直接話が聞いてみたいという方のために、クラウドエースでは無料相談会を実施しております。お申し込みは下記ボタンより承っておりますので、この機会にぜひ弊社をご利用いただければと思います。

無料相談会のお申込みはこちら